スリムデトパッチの副作用

スリムデトパッチの使用にあたって副作用のような事象はありえるのか?調べてみました。
MENU

スリムデトパッチの副作用について

スリムデトパッチ

 

スリムデトパッチには使用していく上での副作用等の可能性はあるのか?

 

ダイエットのためにはスリムデトパッチが
本当に安全で安心して使っていけるのかをちゃんと確認することはすごく大切なことです。

 

ここではスリムデトパッチの
副作用を含めた安全性のリスクについて考察してみたいと思います。

 

スリムデトパッチは薬ではない?

スリムデトパッチはいわゆる貼付剤であり、
一見シップ薬等のようには見えますが、実際は医薬品ではありません。

 

医薬品のように効果効能が国の保証の元確約されているわけではありません。

 

つまり、副作用とは効果効能の悪い反面のようなものなので可能性として副作用はあってはいけないんです。

 

スリムデトパッチの成分から見てみる

スリムデトパッチ中に主に含まれる成分は下記のものです。

決明子、キジツ、アロエ、ハニーサックル、エラテリン、朝鮮人参 、クコ果実、蓮の葉抽出物、トウキ、オモダカ、コガネヤナギ、アマチャヅル、サンザシ、オケラ、ブクリョウ

 

いずれもスリムデトパッチの痩身作用を促す成分として含まれているものです。

ですが、いずれの成分に関しても副作用といえる作用の報告はあまりないようです。

 

皮膚の炎症等の肌トラブルはありえる?!

スリムデトパッチは24hおへそ周りに貼って使うことが推奨されています。

 

そのため、ずっと貼付されたおへそ周りの肌にとってはずっと塞がれた状態であり、肌がかぶれたりするリスクはありえます。

特に汗をかいたりして蒸れたりした場合は注意です。

 

もし、肌に異常が感じた場合はすぐに使用を中止し、場合によっては医師に相談したりといったケースはあるかもしれません。

 

そして、そういったことがないように本当に
24h、毎日ずっと貼るのではなく、ちゃんと肌を休息させる期間も取ってあげることです。

 

また、お風呂に入るタイミングでは貼っていた面をよく洗浄してあげることです。

 

 

医薬品じゃないから副作用がないと
安心するのではなく、自分の身を守るためにもできることはやる心構えが大事かもしれませんね^^

 

このページの先頭へ